カードローンを利用する前

昔から借金を抱えた生活していました。
実家もそうですが、私自身も今現在カードローンの返済と奨学金の返済に追われている状態です。
あとはこのような生活が10年くらいは続くと思います。
カードローンに乗り換えたので返済自体は苦でもないのが助かっています。

カードローンを利用し始めた時点ですでに3社くらいからキャッシングを利用していました。
総額150万円くらいですが、収入が300万円くらいあり、当時はまだ総量規制がなかったのでこれくらいは借りることが出来ました。

それで社会人になって消費欲も旺盛で奨学金の返済もあったのですが、そんなことを考えずにひたすら借りていました。
借金ですからいつか破綻するとは思っていましたが、総量規制がかかり、その辺から借りることが出来なくなり、そこで返済をしなくてはならなくなりました。
カードローンという選択肢は全くありませんでしたが、使っている銀行のDMでカードローンという言葉を知り、さらには金利の安さに魅かれて審査を受けてみようと思ったわけです。

カードローンの審査は簡単

今の時代カードローンとキャッシングの審査はほとんど同じです。
銀行系のカードローンを借りたのでその辺で例えば収入証明や申込書は少し複雑であったり、さらにはカード発行に時間がかかったり、少しくらいは違いがありますが、審査内容自体はそこまで変わり無いように思いました。

そうは言っても銀行カードローン審査ですから証明書の提出から、申込書の記入は少し面倒でした。
3日我慢すれば審査はおりました。
その結果150万円ほど借りることが出来ることが分かり、金利の高いキャッシングから乗り換えることできたのはその後の返済生活にとっても有意義だったと思います。

銀行系ですから取り立てが厳しいというイメージがありましたが、基本的にはメール対応です。
特別なことがなければ電話などはかかってきませんから私的には丁寧に返済相談に乗ってくれたプロミスの方が良かったかなとは思っています。
それでもトータルで見ればカードローンの方が良いのですが。