お金がなくなりレイクへ…

カードローンを利用しました。
僕は20代男性。音楽で成功することを目指して日々活動に熱を入れるバンドマンです。
僕のバンドは地元では格好人気のあるバンドでCDも自主制作ですが何枚か出しています。
しかし、CDの売れないこのご時世、なかなか厳しいものがあります。
とは言っても我々バンドマンの収入は殆どCDの売上です。
作らない訳には行きません。
CDを作るためにスタジオに入りました。そしてパッケージやCDデザインを頼んだりなんだりして制作費が100万円くらいになりました。
毎回制作費はこんな程度なんですが、メンバーの一人が脱退することになってしまったのです。
元々我々のバンドは3人のメンバーなので制作費は残りの2人で払わなければいけません。
一人で50万…
この数字は重く私にのし掛かりました。
そして、わずかな貯蓄といらない楽器やCDを売って作ったお金が35万円。
レイクのカードローンを利用することにしたのです。
どうしてもあと少し足りません。
しかし、僕はバンドマン…とは言っても家計を支えているのは中華料理屋のアルバイトです。僕はお金を借りられるのか…果たして審査が受かるかどうか心配でした。

申込みから審査へ

レイクへ行き、カードローンの申込みをしました。
申込みはすぐに終わりましたが、審査には時間がかかる、とののとでした。
私の年収は約250万円…。今までちゃんと計算していませんでしたが、ちゃんと働いている同年代の友人と比べると半額近い数字でした。
まあまあ、好きなことをやれているのだから文句は言えないのですが、こういうピンチのとき、社会的信用はかなり低い存在になってしまう…というのは切ないものです。
審査が通らなかったらレイクのような大手ではない消費者金融でカードローンを組まなければいけません。
それも不安です。
私はどうにかレイクで借入出来るように祈りました。
審査の結果は翌日来ました。
なんと…審査には通っていました。
私は胸をなでおろしました。
そしてその足でレイクへ行って15万円借入して、スタジオへ払いに行きました。
もう一人のメンバーもカードローンを利用したようです。
お互い審査に受かって良かったな、なんていう話を後でしました。
頑張って作ったCDは今月末に届きます。
何としてでも売らなければ!
もうカードローンのお世話にならないよう、日々精進しようと思っています。