銀行カードローンの印象

カードローンには銀行系カードローンと消費者金融系カードローンがあり、印象としては消費者金融系のカードローンの方が気楽に使えるというのが一般的かと思います。銀行系カードローンの方が金利が低くて限度額もかなり高いですから、条件としては消費者金融系カードローンより良いです。しかし、そのハードルが高そうという印象から、本当は銀行系カードローンの方が良いけれど消費者金融系カードローンにするという人も多いのではないでしょうか。
銀行系カードローンは審査が厳しいですし、時間もかかるので使いたいと思ってもなかなか手が出ないという気持ちもわかりますが、実際には本当に銀行系カードローンはそこまで審査などの敷居の高いものなのか、単なるイメージではないのかという疑問も残ります。ですから、実際のところそうなのかという事を今回説明したいと思います。

銀行カードローンの審査の実態

銀行系カードローンは申し込みとしてはほとんど消費者金融系のカードローンとかわりありません。気軽に申し込み可能で、ネットから出来るというものも多いです。そして、実は審査に関しても実は最近ではそこまで敷居が高いという感じではなく、最短で30分もあれば完了できるというものも増えています。ネットから申し込んで30分で審査完了、即日融資もできるなんていうのは、まさに消費者金融系カードローンと違いはないと言えるのではないでしょうか。
このように、意外にも銀行系カードローンというのは消費者金融系と大差はないと考えられます。もちろん審査の難易度で比較をしたら、銀行系の方が難しいというのは事実でしょうが、そこまで身構えてしまったり、最初から諦めてしまう必要はないと言えるでしょう。金融事故の経験などがない場合には、申し込んでみる価値はあると言えるでしょう。